小さな砂浜で一人ピクニック(お昼・おやつ・そして帰路)




”まったり” とした時間を過ごしていると
もう12時半になっていました。

独り言:「そろそろお腹も空いてきたし、弁当を食べるかな?」



f0365212_09525526.jpg






BGMで。









潮騒もいつしか静かに...私と同じく”まったり”モードに?




f0365212_09524623.jpg



お弁当を取り出す。


独り言:「あれ!? 花束があるけど..何? 今月は誕生日でもないし..」



f0365212_09522970.jpg




独り言:「クリスマスバージョンの花束みたいだけど...ビートルの花? 間違えて入れた?」



f0365212_09521975.jpg



独り言:「取りあえず武骨なグラスにさして飾っておこうか..」
独り言:「でも何だろう。爺の一人ピクニックは地味だから..」
独り言:「昼休み時間だろうからメールして見るか?「弁当と一緒に入っていた花は何?どうすればいいの?」」

数分後
ピヨ♪🎶

相棒よりメール:「ラリーに向けてビートルの花もクリスマスバージョンに..アトリエmomoさんに頼んでおいたんだよ。。。
丁度ピクニックに行くから花でも愛でたら..と思って入れておいた。 お菓子も一緒に。。」

独り言:「爺の一人ピクニックに花はどうよ????..」



f0365212_09521445.jpg




独り言:「お腹空いた...  」



f0365212_09520478.jpg




独り言:「スープを言うのを忘れてたな? 何かあるかな?」

Jeepのバスケットにインスタントコーンスープがあった。お湯を沸かしカフェオレボールへ。

<弁当>
大好きな雑穀ごはんのおにぎり
豚の生姜焼き
ゆで卵
ブロッコリー
リンゴ

独り言:「何で? リンゴあるじゃん..まぁいいけど..それと、胃薬は何?」



f0365212_09515917.jpg




独り言:「食べた..結構お腹いっぱい。 林の探検でもしてみるか?  」



f0365212_09514997.jpg





独り言:「どんぐりの林なんだ..」




f0365212_09514166.jpg





独り言:「砂浜には青いどんぐりも一緒に沢山落ちていて、この林はリスがいれば冬を越せそうだ.. 」




f0365212_09513406.jpg





独り言:「いつも二人であれこれと話したりして時間を過ごすが、一人では何か間が持てないな..珈琲でも飲むか? 」




f0365212_09512748.jpg




残っていた珈琲を沸かしなおし、海が見える所に椅子を置きのんびり..
潮騒・大きな船のエンジン音・鳥の歌声..を聴いていると、
独り言:「眠くなってきた。少しだけ...  」




f0365212_09511445.jpg




約20分うたた寝をして、

独り言:「もう2時過ぎか? おやつの準備をしようか。」

この日もワッフルの用意をしてきていた。
独り言:「今日は粘度をゆるくして薄く焼いてハード系にしてみようかな? こんなもんかな?」




f0365212_09510621.jpg




いつもの手順で焼きます。



f0365212_09510009.jpg





独り言:「そろそろ開けてみようか..ゆるい分、焦げ色がつくのに時間が掛かるのかな..でも美味そう..」




f0365212_09505198.jpg




独り言:「忘れていた。柿焼きを同時進行で....シュールな光景だな?  」



f0365212_09503664.jpg




この日もボンヌママンのスライスオレンジで。



f0365212_09502856.jpg




贅沢に2枚乗せ


f0365212_09501594.jpg




焼き柿から蒸気が勢いよく出てきたので、ゴロゴロ全体を焼き..出来上がり。
独り言:「おぉ~ ちょっと美味しそうじゃない?」



f0365212_09500445.jpg




シナモンバターは溶けて無くなってレーズンが..
独り言:「香りと見た目は良いけれど美味しいのかな?」



f0365212_09495649.jpg




いよいよ実食です。
独り言:「うぅ~ん...微妙? シナモンバターもレーズンもない方が美味しいかも? 間違いない。
ネットでは美味しそうに書いていたのに..まぁ人それぞれだからなぁ..  」



f0365212_09495087.jpg




独り言:「ワッフル+オレンジ3枚挟みを相棒にお土産でホイルに包み。。。」



f0365212_09492319.jpg




3時半過ぎ

パパッと片づけて帰ります。


f0365212_09491574.jpg




夕暮れが近くなり「しまなみ海道」もシルエットのように..
独り言:「暁さんにバックの修理も頼んだし、ビートルの花束もあるから帰って早速飾ろう...  」



f0365212_09490517.jpg

<一人ピクニックで分かった事>

・一人では独り言が多くなってしまう。
・やっぱり一人より二人の方がピクニックは楽しいかも?
おしまい。



[PR]
トラックバックURL : https://beetlemomo.exblog.jp/tb/26769621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by haru2721 at 2016-11-07 10:01
おはようございます~

いいですね~( *´艸`)
ひとり言がおおくなるかも♪ わかります(^-^;
その通りですね~
そして、二人のほうが楽しいかも♪
これも、その通りかも(^-^;
でも、とっても素敵な時間を過ごされ、
写真から空気感が伝わってきます💛
Commented by innocence-plus at 2016-11-07 11:03
し、渋い、渋すぎる!
セリフも、独りの楽しみ方を知っている大人の独り言に聞こえるw

憧れるなぁ!
こんな大人になりたいなぁwww
Commented by 1370kaori at 2016-11-07 17:13
初めまして、こんにちは

イイネをありがとうございました。
私のは雑多な備忘録ですが、これからもよろしくお願いします。

まったりゆっくりとした、オヤツの時間がいいですね〜、ワッフルも美味しそうです。
それと、離れていてもお互いを気遣い合う、、、
とってもイイなあ〜😊
素敵な時間をこちらも楽しませて頂きました。
Commented by hogecyan at 2016-11-07 21:30
一人の方が気ままでいい時もありますが、
やはり人がいて話しながら行く方がもっと楽しいかもです^^
Commented by beetlemomo67 at 2016-11-07 22:14
> haru2721さん
ブログを見ていただきましてありがとうございます。
”ほっこり”した写真を拝見させていただいております。
私の写真は適当なので皆さんのように綺麗ではないのですが、
そんなこと言ってもらえて嬉しいです。ありがとうございます。
これからもお願い致します。
Commented by beetlemomo67 at 2016-11-07 22:18
> innocence-plusさん
ブログを見ていただきましてありがとうございます。
渋い..何て言ってもらって嬉しいですが、全くそんな事はないです。
こんな大人になったらガラクタばかりに集まって大変ですよ。
これからもお願い致します。
Commented by beetlemomo67 at 2016-11-07 22:25
> 1370kaoriさん
はじめまして。
ブログを見ていただきましてありがとうございます。
ブログを拝見させていただき、私どもと同年代だとプロフィールで知り親近感が沸きます。
子供に手が掛からなくなったらピクニックおすすめですよ。
これからもお願い致します。
Commented by beetlemomo67 at 2016-11-07 22:28
> hogecyanさん
いつもお世話になっております。
独り言を喋っている自分に気づいた時に....
一人じゃない方が良いことに気づきました。
これからもお願いします。
Commented by umisanjin at 2016-11-07 22:49
こんばんは~ うふふ、、なんだか良い感じ。 ^^
BGMを聴きながら、あなたの世界に入ってしまいました。
柿の丸焼き、、微妙でしたか、、、。
里芋とかカボチャは旨かったです。
Commented by beetlemomo67 at 2016-11-07 23:01
> umisanjinさん
いつも美しい写真を拝見させていただいています。
更新を楽しみに待っています。
柿焼きは柿だけで焼くと美味しいと思います。
里芋いいですね..美味しそう。 今度やってみます。
これからもお願い致します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by beetlemomo67 | 2016-11-07 06:39 | 焚火・ピクニック | Trackback | Comments(10)

日々の時々日記


by ビートルとmomo