ある日 我が家に可愛い珍客さんが..


BGMで。






ある夜、お出かけから帰るとmomoがいつものように走って来て足元で大騒ぎ。
でもちょっと様子が違う。
私:「momoどうした? 何?」

momoは少し走り出しては振り向き、振り向き.. どうも「こっちに来て!」と言ってるよう。
momoの後をついて倉庫の奥に行くと、momoが上を向いてお座りをしている。
私:「どうしたの? 何があるの? 猫でもいるの?」
momoが見ている方を見ると...

私:「何で? ???????」
私:「何で? カラスがこんな所にいるの?」
近寄ってみるが逃げる様子もなくこちらの様子を見て首をかしげている。
私:「momo カラスの子供だね。巣立ちしたばかりなのかな? 逃がしてあげようね。。」
お座りしていても、momoのしっぽは激しく振っていて、カラスを見て興味津々の様子。

"人間の匂いが付くと野生の鳥は子育てをしない" と聞いたことがあったので、使い捨ての手袋をして
桜菜のケージに入れる。小鳩くらいの大きさで子供のようだ。
momoの頭を撫ぜながら..
私:「momo、どこに逃がしてあげようか? 」


私:「少し離れているけど、神社の鎮守の森に放してあげよう。。momoお留守番してて.. 」
ビートルの助手席ににカラスの”かぁー子”を乗せて...

f0365212_22381700.jpg


しばらくして。

相棒:「ただいま.. 」
私:「さっき帰ってきたらmomoが倉庫の方に.... 何とカラスの”かぁー子”が... 」
相棒:「へぇ~ 何で? もう名前も付けたの?それでカラスはどうしたの? まさか飼うってことはないよね..」
私:「野生の鳥は飼っちゃダメだし、これ以上の動物は.. 神社の森に.. 」
相棒:「momo偉かったね... 教えてくれたの?」
(momoは何となく得意気な顔をして見上げている)

おしまい。


[PR]
トラックバックURL : http://beetlemomo.exblog.jp/tb/27757456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umisanjin at 2017-04-26 23:14
こんばんは。 カラスの恩返しが、将来、ありそうですね ^^
Commented by renchiyan3 at 2017-04-27 05:09
おはようございます
カラス滅多に人に懐かないけれど懐くとこんなに面白いペットいないそうですよ
Commented by beetlemomo67 at 2017-04-27 06:17
> umisanjinさん
いつもありがとうございます。
猫に襲われず無事育っててくれていればいいんですが..
Commented by beetlemomo67 at 2017-04-27 06:19
> renchiyan3さん
いつもありがとうございます。
小さい頃に友達の家で九官鳥を飼っていて、人の物真似をしたりしていたのを
思い出しました。 カラスに似ているから喋るのでしょうか?
これからもお願いします。
Commented by lily1406 at 2017-04-29 23:39
momoさん こんばんは~(^^)/
カー子ちゃん お母さんに会えるといいですね。
教えてくれたmomoちゃんも優しいですね♪
Commented by beetlemomo67 at 2017-04-30 06:40
> lily1406さん
いつもありがとうございます。
そうなんです。
猫やイタチに襲われていないか心配なんです。
普段カラスを見ると”やっかいもの”というイメージ
でしたが、最近見る目が変わってきて....
これからもお願い致します。
Commented by tsurumaru55 at 2017-05-06 12:45
こんにちは。
カラスは頭がいいのできっと覚えていると思います。
恩返しに来そうですね。
Commented by beetlemomo67 at 2017-05-06 19:41
> tsurumaru55さん
いつもありがとうございます。
恩返しにくるならmomoの所にくるかも?
今日も神社の横を通ったのですが、何となく心配に
なってしまいました。
これからもお願い致します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by beetlemomo67 | 2017-04-26 06:36 | スローライフ | Trackback | Comments(8)

日々の時々日記


by ビートルとmomo