4⃣スクーターで小島(おしま)ピクニック(要塞見学~帰路)

BGMで。





相棒:「砲台跡は幾つもあるんだね。スクーターで回れるのかな?」
私:「行ける所までいってみようか?」

椿のトンネルをくぐって島の頂上を目指します。

f0365212_18514173.jpg





・・今治観光協会のHPより転載・・
http://www.oideya.gr.jp/oshima/
明治中期の日清戦争(1894-1895年)の後、ロシアの東亜侵略の野望が着々と具体化していくことにおののいていた大日本帝国は、ロシアとの戦争は不回避と判断し、ロシアの海軍の進攻に備えて瀬戸内海に要塞建設を計画しました。陸軍の上原勇作は芸予諸島を調査、その後大久野島(広島県)と来島海峡の小島に要塞を建設します。
上原はフランスで構築を学んでおり、その調査に基づき、軍事施設配置計画が立てられ、明治32年(1899年)に建設が始まり翌年3月に完成したといわれています。
赤煉瓦と御影石を所々に用いたヨーロッパ式の建物は、「芸予要塞」と名づけられ海の守りについていましたが、東郷平八郎や秋山真之らの活躍によりロシア軍が日本に攻め入ることはなく、この要塞は軍縮小により役目を終え、大正15年に当時の波止浜町に払い下げられました。後に日露戦争(1904-1905年)では、旅順攻撃の時に、ここの28cmの榴弾砲が運ばれて使われたと言われています。


f0365212_18513568.jpg



f0365212_18512764.jpg


f0365212_18511888.jpg


f0365212_18510935.jpg


f0365212_18510381.jpg


f0365212_18505699.jpg


相棒:「波止浜に帰るの?」
私:「せっかくの瀬戸内の小さな船旅だから、馬島に行って橋を渡って帰ろうと思って..」
相棒:「素敵なルートだね。 あっ!フェリーが来たよ!」

f0365212_18504896.jpg


相棒:「今度は小島に来る前にあった「来島」に行ってみたいね。」
私:「そうだね。俺も行ってみたい。あんなに近い島なのに行った事が半世紀以上生きてきて無いんだよ。」

f0365212_18504241.jpg


f0365212_18503472.jpg


来島海峡大橋が綺麗です。

f0365212_18502836.jpg


相棒:「橋の裏に海からの反射が写って綺麗ね。」

f0365212_18502279.jpg


馬島に到着

娘さんが実家に帰って来たようです。
娘さん:「お父さん。ただいま。」
お父さん:「お帰り。」
言葉は短く少ないけれど、お父さんの嬉しい気持ちが伝わってきます。

f0365212_18501428.jpg


さっき乗って来たフェリーを見送ります。

f0365212_18500731.jpg


馬島から来島海峡大橋まではエレベーターで上がります。

f0365212_18495823.jpg


橋の上まで上がっで上がってきました。

私:「まだ早いからガラス工房に寄って帰ろうか?」
相棒:「そうしようよ。」

f0365212_18495166.jpg


相棒:「こんにちは。この間体験をさせてもらった....」
私:「留守?」

f0365212_18494472.jpg


オーナー:「すみません。作品展に向けて作っている途中で手が止められないので...その奥の棚に作品があります..」
私:「お忙しい中、突然申し訳ありません。」
オーナー:「そんな事は無いですよ。一人で誰とも話すことなく作品作りをしていると、無性に誰かと話したくなることがあるんですよ。丁度そんな気分だったんで助かります..」
相棒:「花瓶ですか?」
オーナー:「黒ガラスに金と銀を垂らして柄を付けて....」
私:「ほぉ~ 綺麗ですね。 作品展にはどのくらい作られるんですか?」
オーナー:「目標は30種200点を作ろうと思っています。」
相棒:「作品展では販売もされるでしょう?」
オーナー:「即売もしますから、是非いらしてくださいね。。」

f0365212_18493700.jpg


相棒:「わぁ~ 私のコップは、私にしては上出来ね。見本とは大違いだけど..」
私:「綺麗だよ。使い心地もよさそうだ。 俺のガラスウエイトは少し地味だったかな? 赤と青にすれば良かったかな...」
オーナー:「どちらも落ち着いた雰囲気で良いと思いますよ。」

f0365212_18493058.jpg


おしまい。


[PR]
トラックバックURL : http://beetlemomo.exblog.jp/tb/27580105
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hogecyan at 2017-02-22 08:37
この間はなんだか同じコメントたくさん送ってしまったようですみせんでした、(^_^;)
もう、ビックリ。はずかしいです。ご夫婦二人旅はいいですね。
いろいろは発見や経験の共有ができるのは素敵だあって思います。(^^)
Commented by satohit at 2017-02-22 10:43
こんにちは~

素敵な作品が出来ましたね♪
ガラスウエイト・・素敵ですよ!

低温だと気泡が入るのかな?(← 素人考え・・^^;)

Commented by beetlemomo67 at 2017-02-22 20:40
> hogecyanさん
いつも大変お世話になります。
「旅」とかではなく、ご近所ピクニックなんですよ。
近所でも知らない事がいっぱいありますね。
これからもお願い致します。
Commented by beetlemomo67 at 2017-02-22 20:50
> satohitさん
いつも大変お世話になります。
泡は白い粉末の炭酸カルシウムを混ぜて熱すると発泡して
できたと思います。
(確かそうのように先生が言っていたような?)
自然に出来たものではないことは確かです。
やっぱりセンスが無いので残念な作品でしたね。
これも愛嬌という事で..
これからもお願い致します。
Commented by naozoom at 2017-02-22 21:26
モニターを見つめながらできあがった作品に、思わず「良い!」と
声を出してしまいました。

諸事情により、今は年に数回しかバイクに乗れない身になってしまいましたが、
また思う存分楽しみながら走りたいですねー。ま、いつの日かまた(涙~&笑)
Commented by beetlemomo67 at 2017-02-22 23:34
> naozoomさん
いつも大変お世話になります。
作品は大したことないんです。本当に恥ずかしいので掲載をやめようかとも..
naozoomさんのように激しく乗るのは今は全く無いのですが、大学時代には
トライアルを少しやっていたので少しムズムズ感は分かりますよ。あのエンジン音
と独特の躍動感と疲労感...
これからもお願い致します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by beetlemomo67 | 2017-02-22 06:43 | 焚火・ピクニック | Trackback | Comments(6)

日々の時々日記


by ビートルとmomo