❷山間部へスクーターピクニック(止呂狭へ向かう)

BGMで。






◆❖  止呂狭(とろきょう)へ  ❖◆

お爺さんとお別れして集落を下っていきます。
独り言:「それにしても美しい石積みだな.. 昔の方は大変な苦労をして積んだんだろうな....」

f0365212_22523966.jpg






次に向かうのは、先ほどまでお邪魔していた千町集落を国道まで下りて、走ること約10分の所にあるあまり知られていない景勝地です。

f0365212_22524637.jpg



段々畑を見下ろせる場所ですが、畑や棚田が荒れていてハッキリと分からないのが残念
独り言:「その昔は田んぼや畑で綺麗だったとお爺さんが言っていたけど、当時の風景を見たかったな... 」

f0365212_22523053.jpg


下から見上げると段々畑の様子が少し分かります。

f0365212_22522554.jpg



独り言:「若者で農業をしたいと思っている人の移住募集したらどうだろう.... 定年後の方とかも..」
(この集落の空き家と畑を買って、週3回程度通っている方が数人いらっしゃるそうです。)


f0365212_22521703.jpg


国道に下ってきました。
独り言:「あっ! さっきまでいた千町集落だ。この一瞬見える風景が気になってたんだよな~ 」

f0365212_22521105.jpg




f0365212_22520502.jpg


止呂狭(とろきょう)に到着


f0365212_22515970.jpg


橋から見える風景は険しくも美しい。
ここで神戸から来られたボルダリングをされる若者と橋の上で遭遇
私:「こんにちは。 その大きなマットはボルダリングですか?」
若者:「こんにちは。 そうです。ここの峡谷でボルダリングができるとネットにあったので来てみました...」
私:「本当に! 無理じゃないの? 危険すぎるよ。一人では事故があっても気づかれないからやめた方がいいよ...」
若者:「大丈夫です。川の場所まで下りて安全そうな場所を探しますから...」
私:「石鎚方面の川の中に大きな石があって、その石にへばり付いている若者はよく見るけど.... 本当に十分気をつけなさいよ!」
若者:「はい。ありがとうございます。」
(大きなクッションマットを二つ背負って下りて行きました。)

独り言:「この下で? マジか?」

この辺りでトライアルをされているボルダリングの動画
https://www.youtube.com/watch?v=v-dBfd7z98Y

f0365212_22515274.jpg



私は若者とは反対の安全な遊歩道を下りて河原に向かいます。
独り言:「こっちでも十分険しいな。お猿さんの真似をして一枚、カシャ!」
「「いい歳してバカみたい..」 と言われるだろうな?」


f0365212_22513456.jpg



河原から橋を見上げる


f0365212_22512033.jpg


少し祠のようになっている岩陰でお弁当を食べることにします。
独り言:「ここにしよう。日陰だし風よけにもなるし... 腹減ったな~」

f0365212_22511490.jpg



こんな感じの所


f0365212_22505919.jpg


石鎚山を源流に流れてくる川の優しい音を聞きながらお弁当の時間にします。
独り言:「あの若者大丈夫かな? お昼食べたのかな~ 」


f0365212_22504742.jpg


お弁当とおやつに続きます。


[PR]
トラックバックURL : http://beetlemomo.exblog.jp/tb/27502833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by beetlemomo67 at 2017-02-03 21:29
> yareyさん
いつもありがとうございます。
更新の時以外でも、のんびり世界観を楽しませていただいております。
yareyさんとのこの距離感が想像を膨らませることができ心地いいの
だと思っています。
もし可能であればブログ等にアップしていただければ幸いです。
是非聴かせていただきたく存じます。
これからも何卒お願い申し上げます。
Commented by yarey at 2017-02-05 02:25
beetleさん。こんばんは。
いつも、拙い写真を観て下さり
ありがとうございます。
世界観が好きと言って頂けると
迷いがありながら撮ってる僕としては
本当に何よりも、励みになります。

CDは、ブログに貼る事やサイト内での
ダウンロード方式も考えたのですが、
二人で話し作品として拘ろうと…。
手に取った瞬間に中身を見て、
針を落としてみたいな
スイッチを押して聴く人の
タイミングや心情で最初の音が流れる事に
拘ろうと…。
凄くアナログ的な発想に拘わりたく、
形としての作品を選びました。

また、次に遣りたい事が出てきたら
すんなりブログに貼ると思うので
その時は聴いて下さいね。

こんな、長々とコメを入れてしまい
ごめんなさい。
Commented by beetlemomo67 at 2017-02-05 07:55
> yareyさん
いつもありがとうございます。
凄くワクワクしてきましたよ。是非聴かせていただきますので
楽しみにしております。
これからもお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by beetlemomo67 | 2017-02-03 06:34 | 焚火・ピクニック | Trackback | Comments(3)

日々の時々日記


by ビートルとmomo